表情筋を鍛える

頬や目の下のたるみシワや二重あごを解消するためには、
表情筋を鍛えるのも良い方法です。

表情筋のトレーニングが
手軽にできる商品を見つけました。

これはEMSを利用した器具で、
外部から電気的な刺激を筋肉に与えて
筋肉増強効果を狙った方法です。

現代、一般のシェイプアップでの使用以外でも、
各種スポーツ選手の筋肉増強や、
医療用のリハビリテーションなどでも
幅広く活用されている方法です。


目の下のたるみ取り

目の下のたるみを取り除くには、
水分補給と保湿、生活習慣の見直し、
乾燥・紫外線対策等に気をつけるのも
ありますが、まずはたるみの原因を知る事です。

皮膚のハリ、筋肉、脂肪のバランスによって
支えられているので、このバランスが乱れると
簡単にたるんできます。

目の下のたるみを取り除くには、
この3つのうちどこが原因なのかを
知る事で、対策も変わってきます。

場合によっては手術を選択するのも
良い考えですが、それにしても
どの手術を選択するかが問題になってきますので、
手術を受ける際にはどこに原因があるのかを
じっくりと医師に相談してみましょう。

関連記事:
表情筋を鍛える

たるみ対策

たるみ対策は
毎日の継続的な努力が必要になります。
少しでも気を抜くと、肌はデリケートなので
一気に衰えてしまいます。

たるみ対策は水分補給と保湿、
生活習慣の見直し、乾燥・紫外線対策等、
気をつけるべき事はたくさんあります。

食事や、部屋のエアコンでの乾燥などにも
気をつけないといけません。

日頃からたるみ対策に気をつけていても、
加齢とともに皮膚がたるみがちになるのは
ある程度仕方ありませんが、
たるみ対策として栄養を補うために、
コラーゲンやヒアルロン酸、
ビタミンB群やビタミンA、C、E等を
豊富に摂取する事が大切です。
タグ:たるみ 対策

まぶたのたるみ

まぶたのたるみの原因を考えてみると、
食生活もまぶたのたるみの原因として
上位に位置しています。

食生活だけでなく、生活習慣そのものが
原因となっている事が多いのです。

例えばストレスや睡眠不足。
肌の悩みのほとんどが生活習慣の悪化が
原因なんですね。

特にまぶたの皮膚は薄く、乾燥しやすいので
たるみやシワになりやすい部分なのです。

まぶたの脂肪吸引や、アイリフトなどの
物理的な手術も流行しているようですので、
検討してみるのもひとつの手ですね。

関連記事:
表情筋を鍛える

目の下のたるみは化粧品が原因?

目の下のたるみは、油分の多い化粧品を
使用する事でもたれる事があると言われてますが、
果たして本当でしょうか?

流動パラフィン(鉱物油)は発がん性があるなどと
たまに聞きますが、迷信のようです。
確かに何でも安全なものなんてありませんが、
自然物だって充分危険なんですから。

それを言うなら水だって危険ですし、
牛肉やコーヒーも発がん性物質らしいですよ。

「無添加」を謳っているものも危険はあるって
知ってました?結局「●●が悪い」
「●●が効く」と言い出してるのは
ほとんどがメーカーなんですよ。

重要な事は、自分の肌に合っている成分か?という事です。

たるみ防止

たるみを防止するにはどうすればよいか。
やはり食生活を代表とした生活習慣を
正す必要があります。

食事はバランス良く五大栄養素を
摂取する事ができればベストですが、
難しいようならサプリメントで補うのも
ひとつの手です。

まず肌のハリに有効なのが
コラーゲンやヒアルロン酸です。
他にはビタミンB群やビタミンA、C、Eも
肌には効果的です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た
働きを持つので、たるみ防止や肌荒れに良いだけでなく
バストアップにも効果があると言われています。

各部分の筋肉が衰えると皮膚を支えきれずに
たるんでしまいます。運動不足は血行も悪化するので、
やはり適度な運動は必要です。

乾燥にも注意しなければなりません。
化粧水などでケアするのはもちろんの事、
水分補給や部屋の湿度にも気を使いましょう。
タグ:たるみ 防止

皮膚のたるみ

皮膚のたるみの原因として
各部分で共通しているのは、
皮膚にハリがなくなっている事です。

あとは各部分の周辺の筋肉が衰えている事と、
水分が失われ、乾燥してしまうのが原因です。

また、ダイエットにより急激に脂肪が
減ってしまった場合、
皮膚の収縮がそれについていけずに
皮膚にたるみが生じる事があります。

顔やお腹、バストもたるみます。
体内の脂肪を減らしてダイエットするのは
良いのですが、その時に皮膚のたるみ対策を
しておかないとせっかく痩せたのに
美しくなれないのではくやしいですよね。
タグ:皮膚 たるみ

首のたるみ

首のたるみがあると老けてみえます。
首は年齢がでやすい部分と言われています。

それだけに首のたるみには気をつけないと、
実際の年齢よりも老けてみられてしまいます。

首がたるみだすと、シワもできやすくなります。
特に一日中パソコンの画面に向かって仕事を
している人は首も疲れやすく、
血行が悪くなりがちです。

時々暇を見つけて首を回したり、
マッサージするようにしましょう。
首の血行を良くする事で、
顔のケアにもなりますので頑張りましょう。

また、洗顔後や入浴後に化粧水をつける際に、
首にもつけるようにすると良いでしょう。
タグ: たるみ

ふくらはぎのたるみ

ふくらはぎたるみというよりも
むくみやすい部分ですね。
ふくらはぎもたるみますが、
特にむくみによって足が太く見えてしまうのが
一番の問題だと思います。

むくみとは血液の水分がたまった状態で、
血液の循環が悪いのが原因です。

普段運動していない人は足が疲れやすく、
血行も悪くなりがちです。

歩くのが良いのですが、
仕事で忙しくて時間がとれない人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、
階段をつま先立ちで昇り降りする方法です。
これならトレーニングと意識しなくても、
日常生活の一部として行ないやすいと思います。

二の腕のたるみ

二の腕は油断するとたるみやすい部分で、
しかも一度二の腕がたるみますと、
なかなか元に戻すのは難しいのです。

特に二の腕の裏はたるみやすく、
脂肪もつきやすい部分です。

一見やせている人でも、ここをつまむと
ぶよぶよしている事がほとんどです。
肘を曲げた状態で伸ばす場合に使用する筋肉
(上腕三頭筋)なので、普段あまり使われません。

ダイエットや筋トレのためにダンベル運動を
やっている人は多いと思いますが、
その際に二の腕の前面だけ鍛えるのではなく、
腕を真後ろへ持ち上げる運動等を追加して
二の腕の裏側の筋肉も鍛えるようにしましょう。

あごのたるみ

あごのたるみ二重あごは嫌なものです。
しかしある程度は誰にでもあるものです。

あまり気にしすぎるのもいけませんが、
見るからにあごのたるみや二重あごになるのは
できれば避けたいものですね。

まず考えられる原因は顔の表情筋が衰えている事です。
あごには脂肪が多いので、
筋肉が衰えると支えられなくなり、
あごがたるみます。

皮膚にハリがなくなっているのも原因のひとつです。
コラーゲンやヒアルロン酸を摂取するのが効果的です。
また、食事の際には良く噛んで食べるようにしましょう。

リンパマッサージなどで、血液やリンパの循環を
改善してやるのも効果的です。

関連記事:
顔のたるみを解消するには?
表情筋を鍛える
タグ:あご たるみ

太もものたるみ

太もものたるみは、かなり強敵です。
太ももについた脂肪は落ちにくいうえ、
部分やせというものは本来できません。

脂肪燃焼のメカニズムを考えるとわかりますが、
外部からの刺激で脂肪を落とす方法は
皮膚や筋肉すらつぶすくらいの圧力をかけるか、
脂肪吸引、インディバくらいでしょう。

しかし太ももの筋肉を鍛える事で、
引き締め効果によって太もものたるみを
なくす事は可能です。

また、血液の循環が悪くむくみやすいので、
それらを改善してやるだけでも引き締まってきます。

補正下着なども売られているようですので、
着用して生活していると本来の位置に脂肪を戻す事ができ、
太ももが細くなります。

あとは空気いすなどの運動も効果的です。
運動をする際に注意すべき点は、
スクワット等をする時にひざを曲げますが、
ひざの位置が足のつま先を越える曲げ方をしないように
してください。ひざを痛める可能性があります。

関連リンク:
脂肪吸引で美しくなるために必要なこと

お腹のたるみ

お腹のたるみは案外強敵なんです。
お腹の内臓脂肪は比較的すぐに減りますが、
皮下脂肪が意外と減りにくいんですね。
とはいえ顔や太ももなどに比べると
まだ減りやすいです。

また、急激に減ってもお腹がたるみます。
お腹は皮下脂肪がつきやすい部分ですので、
生活習慣が悪化するとすぐにお腹が出てたるみます。

やはり腹筋運動をするのが一番簡単でしょう。
ただし従来の上半身を何度も起こす腹筋では
効果が薄いだけでなく腰を痛める可能性があります。

仰向けに寝て、脚を曲げるのがまずひとつ。
次に腰をうかさず腹筋だけでゆっくりと時間をかけて
息を吐きながら起き上がります。

ちょうど「へそ」を見るくらいで数秒間停止し、
そのままゆっくりと元に戻ります。

この方法だと10回程度でもかなり効果があります。
ちょっと筋肉痛になるくらいがちょうど良い加減です。
タグ:お腹 たるみ

目袋のたるみ

目袋のたるみとは目の下のたるみです。
目袋とは目の下がたるんでくる現象の事で、
目の下が膨らんで見えるようになれば注意です。

目袋のたるみはコラーゲンやヒアルロン酸の減少で、
肌にハリがなくなってきているのが主な原因です。
下まぶたの筋肉が脂肪を支えきれなくなっているのも
原因のひとつですが、
皮膚のたるみを改善しない事には解決しないのです。

下まぶたの皮膚は薄いため衰えやすいので、
紫外線や乾燥によりダメージを受けやすいのです。

施術により、目元のたるみをなくして
若返らせる方法を総称してアイリフトと呼びます。

まぶたの脂肪吸引をしたり、
コラーゲンを注射器で注入する方法があります。
また、軽いたるみの場合は糸で皮膚を持ち上げるだけの
簡単な方法もあります。

関連記事:
表情筋を鍛える
タグ:目袋 たるみ

目の下のたるみ

目の下のたるみは一番年齢が出やすい部分です。
目の下のたるみで老けて見えてしまいます。

目の下をマッサージしても皮膚の弾力が衰えていれば
たるみはなくならないので直接的には効果はありませんが、
新陳代謝を活発にするという点では効果があります。
ただし刺激を与えすぎてはいけません。

目の下の脂肪もたるみの原因のひとつで、
下まぶたの筋肉が脂肪を支えきれなくなる事で
たるみが生じます。
これは脂肪吸引する事で解決できます。

また、皮膚の乾燥も原因のひとつです。
特に年齢とともに水分補給に必要な
コラーゲンやヒアルロン酸が減少してきますので、
肌の乾燥は美容の大敵です。

ストレスや疲労、食生活などにも
気をつけるようにしましょう。

関連記事:
表情筋を鍛える

頬のたるみ

頬のたるみも顔のたるみで目立つ部分ですね。
頬のたるみは主に老化が原因とされていますが、
若い世代でも頬のたるみが目立ってきています。

表情筋の衰えもその原因のひとつです。
表情筋が衰えると、頬の上に存在する
「ブッカルファット」という脂肪のかたまりが、
下がってくるので顔が大きく見えてしまいます。

もちろん表情筋だけ鍛えても、
皮膚のたるみをとめない事には解決しませんが、
表情筋を鍛える事でブッカルファットを
元に戻す事ができます。

頬のたるみ対策としては、
前述したように表情筋を鍛える事。
リンパの流れも悪くなっているので、
リンパマッサージも効果的です。
ただしリンパマッサージは
入浴中に行なってはいけません。

関連記事:
顔のたるみを解消するには?
表情筋を鍛える
タグ: たるみ

顔のたるみを解消するには?

顔のたるみ解消するには、
顔の筋肉をストレッチする方法と、
必要な栄養を摂取する事です。

顔のたるみを解消するストレッチとしては、
表情筋を鍛える事です。
表情筋も他の部分の筋肉と同様、
鍛えれば発達していきます。

お風呂につかりながら顔の筋肉を動かすと、
スチーム効果もあるので効果的です。
お風呂あがりはたっぷり水分をとるようにしましょう。

顔の筋肉を動かす事でシワができますが、
一時的なもので、時間がたてば元に戻るので
心配はいりません。新陳代謝も活発になりますので、
むしろシワにも効果的です。

顔のたるみの解消に良いとされているサプリメントは
コラーゲンやヒアルロン酸です。
また、ビタミンB群やビタミンA、C、Eは
肌荒れにも良いので不足しないようにしましょう。

このような商品も売れているようです。
顔のたるみが気になる方に
モデル、女優、美容スペシャリスト達が大絶賛↓
タグ: たるみ 解消

顔のたるみ

顔のたるみは20代後半から目立ってきます。
原因は皮膚の弾力性の衰えや、
脂肪を支える筋肉の衰えなので、
マッサージでは解消しません。

顔のたるみで目立つのは目元、頬、顎のたるみです。
顔のたるみは老け顔の原因にもなります。

顔のたるみに関わっている筋肉は、
表情筋といい、顔の様々な表情を作る筋肉です。

顔がたるみを持つと、シワもできやすくなります。
急激にやせると、皮膚の余った部分の重みで、
たるんでくる可能性もあります。

顔のたるみを解消するには、
顔の筋肉をストレッチするのが効果的です。

関連記事:
顔のたるみを解消するには?
表情筋を鍛える
タグ:たるみ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。