表情筋を鍛える

頬や目の下のたるみシワや二重あごを解消するためには、
表情筋を鍛えるのも良い方法です。

表情筋のトレーニングが
手軽にできる商品を見つけました。

これはEMSを利用した器具で、
外部から電気的な刺激を筋肉に与えて
筋肉増強効果を狙った方法です。

現代、一般のシェイプアップでの使用以外でも、
各種スポーツ選手の筋肉増強や、
医療用のリハビリテーションなどでも
幅広く活用されている方法です。

目の下のたるみ取り

目の下のたるみを取り除くには、
水分補給と保湿、生活習慣の見直し、
乾燥・紫外線対策等に気をつけるのも
ありますが、まずはたるみの原因を知る事です。

皮膚のハリ、筋肉、脂肪のバランスによって
支えられているので、このバランスが乱れると
簡単にたるんできます。

目の下のたるみを取り除くには、
この3つのうちどこが原因なのかを
知る事で、対策も変わってきます。

場合によっては手術を選択するのも
良い考えですが、それにしても
どの手術を選択するかが問題になってきますので、
手術を受ける際にはどこに原因があるのかを
じっくりと医師に相談してみましょう。

関連記事:
表情筋を鍛える

たるみ対策

たるみ対策は
毎日の継続的な努力が必要になります。
少しでも気を抜くと、肌はデリケートなので
一気に衰えてしまいます。

たるみ対策は水分補給と保湿、
生活習慣の見直し、乾燥・紫外線対策等、
気をつけるべき事はたくさんあります。

食事や、部屋のエアコンでの乾燥などにも
気をつけないといけません。

日頃からたるみ対策に気をつけていても、
加齢とともに皮膚がたるみがちになるのは
ある程度仕方ありませんが、
たるみ対策として栄養を補うために、
コラーゲンやヒアルロン酸、
ビタミンB群やビタミンA、C、E等を
豊富に摂取する事が大切です。
タグ:たるみ 対策

まぶたのたるみ

まぶたのたるみの原因を考えてみると、
食生活もまぶたのたるみの原因として
上位に位置しています。

食生活だけでなく、生活習慣そのものが
原因となっている事が多いのです。

例えばストレスや睡眠不足。
肌の悩みのほとんどが生活習慣の悪化が
原因なんですね。

特にまぶたの皮膚は薄く、乾燥しやすいので
たるみやシワになりやすい部分なのです。

まぶたの脂肪吸引や、アイリフトなどの
物理的な手術も流行しているようですので、
検討してみるのもひとつの手ですね。

関連記事:
表情筋を鍛える

目の下のたるみは化粧品が原因?

目の下のたるみは、油分の多い化粧品を
使用する事でもたれる事があると言われてますが、
果たして本当でしょうか?

流動パラフィン(鉱物油)は発がん性があるなどと
たまに聞きますが、迷信のようです。
確かに何でも安全なものなんてありませんが、
自然物だって充分危険なんですから。

それを言うなら水だって危険ですし、
牛肉やコーヒーも発がん性物質らしいですよ。

「無添加」を謳っているものも危険はあるって
知ってました?結局「●●が悪い」
「●●が効く」と言い出してるのは
ほとんどがメーカーなんですよ。

重要な事は、自分の肌に合っている成分か?という事です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。